スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アカペラの編曲について
久しぶりに音楽の話題。

何人かが集まって、さァアカペラで歌おう!という時、何らかの楽譜を用意するのが一般的だが、市販されているものに満足できない場合、自分達で編曲(アレンジ)を施すことになる。

僕が編曲する上で心掛けているのは、その曲が本来持っている「良さ」を極力ジャマしないようにすることだ。大抵の曲にはポイントとなる箇所があって、それはいわゆるサビのメロディーなどのわかりやすい部分であるとは限らず、自分がその曲のどこに魅力を感じたかという、ごく個人的な「ポイント」がある。これがない曲というのは、編曲するにも非常にやりにくい。例えばそれが、他人にとってはサラリと聴き流してしまう間奏の中のワンフレーズなどであっても、そこに自分が「イェ〜イ!」と感じたなら、それを起点に編曲のアイディアが広がるということが少なくない。

その曲が、既に知っている曲の場合、原曲(ここで言う原曲とは、△△という曲を▽▽が歌ったバージョンなどの「カバーもの」も含む)を改めて聴き過ぎない方がいいこともある。編曲するつもりで注意深く聴くと、これまで気づかなかった音やリズムを発見することがあるが、それよりも覚えている範囲でのイメージ、印象的なフレーズや響きなどを優先するのである。

これは何故かというと、大抵の曲は、それがポップスであれジャズであれ、5つ以上の音が鳴っているわけで、これを残らず声にするのはそもそも無理だからだ。何か特徴的なフレーズが鳴っている時、そのバックで流れる他の音の中には、思い切って省いた方がいいものもあったりして、この辺りは、こういう時にはこうする、と一概には言えないところがある。

僕の場合は、五線紙に向かうまでに何度もその曲が頭の中で流れるが、自分でも面白いのは、この時アカペラで鳴るとは限らないことである。それはジャズのコンボであったり、弦楽四重奏であったり、フルオーケストラであったり、その曲にとって最も自然、或いは効果的だと思われる演奏形態で、頭の中で完成形が鳴る。それをBe in Voicesの場合なら5つの声にどう振り分けるか、それがつまり僕にとっての「編曲」ということになる。で、メンバーに「ここ、ティンパニーみたいにやってくれ」と無茶な注文をしたりする。だってティンパニーが聴こえるんですもの。

こうして書き上げた楽譜をみんなで歌ってみると、今ひとつ面白くない、ということもある。頭の中ではいい感じであるにも関わらず。失敗である。僕の場合こんなケースでは「欲張りすぎ」が多い。聴こえる音をあれもこれも書いてしまった、などだ。ティンパニーとかね。

そんな時にYサマあたりが「そんなん、こうしたらええんとちゃいますのん?」などと、その場の思いつきでぴーひゃららと無責任なことを言ったりする。んで、試しにそのようにやってみたら、これがまた面白かったりしてね。


・・・・なんか、くやしー感じー。





未分類 | 02:21:42

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。