スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
悪夢
 世の中は果てしなく複雑で、かつ冷淡である。ある能力を持たざる者にとっては、画鋲を敷き詰めたマジックミラーの迷宮を逆立ちで進むが如き苦難の道を、神は其処ここに用意している。何のことを言おうとしているのか?このロクでもないパソコンの事を言っているのだ。
 ぼくは人も知る機械オンチで、パソコンはいくつかのホームページを閲覧することと、あとはせいぜいメールの送受信くらいしか使っていない。このかしこいハコさんの、おそらくはごくごく一部の能力しか使っていないのだろうが、特にそれ以外の機能を使いこなそうというような野望は持たずに来ている。それで今のところ充分に便利なのだ。ぼくは「いつもの作業」を「彼」に求め、彼はこれに忠実に応えてきた。何がしかの文章をホームページ上に書き込む。もらったメールに返信する。特にトラブルもなく、我々の関係はごく平穏かつ良好なものだった。

 ある所に、過去の仕事についてのデータを、メールに添付して送らねばならなくなった。そういうデータを(パソコン上に)用意していたわけではないので、過去の手帳やノートをひっくり返しての、かなり面倒な作業になる。先方の送ってきたフォーマットに沿って、ぼくは時間をかけ、わかる限りのデータを丁寧に入力した。もちろんこまめにセーブ、セーブしつつである。
 作業も大詰め、終わりが見えてきたあたりのことだ。ハナシも見えたきたかも知れないが、まぁ黙って読みなされい。
 ふと、パソコンが何かを考え込んだ。おい、どうした?・・・沈黙。ぽんっ。
 瞬時にして、ぼくの時間と努力を満載したデータの画面が消えた。メッセージが出る。曰く「タイプナントカのエラーが起きました。アプリケーションは予期せぬ理由で終了しました」

 ・・・・・・・・・・む?

 なななななんだなんだおいまさかまさかきえたとかいわんでくれよたのむからいわんでくれよないちゃうよおれぁまさかほんとにほんとにきえたの?マジで?ははははははは。

 人は信じたくない事態が持ち上がったとき、まず笑うものなのだろうか。人様に助けを求め、あちこちをいじり、最後はパソコンにとりすがって泣きまでしたが、データが復活することは二度となかった。人みな寝静まった冬の夜空に、ぼくの笑い声が空虚に響く。

 無慈悲なるパソコンの神の声が天からきこえた。「試練じゃ」

 てめ、このやろう。降りてこんかい。殴る。



未分類 | 02:40:27

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。