スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
借りてきた猫
 「借りてきた猫のようにおとなしい」という表現があるが、果たして「借りてきた猫」は本当におとなしいのだろうか?積年の謎のひとつである。
 そもそも猫を借りてくる、というのはどういった状況なのか。旅行か何かで飼い猫を一時的にどこかへ預ける、ということはあるが、この場合は「預けられた猫」である。「借りてきた」というからには、何らかの必要が生じて、どこからか借り受けるということになり、先の場合とでは主客が逆転する。
 ここで、猫を借りてこなくてはならない状況というものを考えてみる。

(1)猫アレルギーの疑いが持たれている人(もしくは家族にそういう人物がいる人)が、どうしても猫が飼いたくなって、飼えるかどうかの可能性を見るために知人の猫を借りてくる。
(2)天井裏に巣くう鼠を一掃すべく、鼠取りの腕に定評のある猫をどこからか借りてくる。
(3)猫や犬の美容師を目指す若者が、毛並みの手入れなどの実習を積むべく「タダでやったげる」ということで借りてくる。

 他にもあるかも知れないが、今直ちに思いつくものとしては上の3つぐらいであろうか。ところで、このいずれの場合も、現代においては、あまり日常的な状況とは言い難い。猫や犬の美容師を目指す若者が、どれくらいいるのか知らないが、そういう特殊な事情から生まれた言い回しが、これほど広く市民権を得るというのも考えにくい。
 上記のうち、有力なものは、僕の考えでは(2)に挙げた例である。先に「現代において」という言い方をしたが、確かに、いまどき天井裏を鼠が走り回ってこまる、という家がそうそうあるわけではないだろう。しかし、この表現が生まれたのは、そう近年のことではないはずである。そうすると(2)における可能性が、にわかにクローズアップされることになる。
 特に都市部ではマンションなどの増加と共に、科学技術、薬品等の発達により、昔ほど鼠の駆逐に苦労することは少なくなったと思われるが、冒頭の言葉が生まれた時代においては、まだまだ一般家庭でも鼠が幅をきかせていたに違いない。
 この言葉は実に、「鼠一掃の為に借りてきた猫が一向に役に立たなかった」という状況下で生まれたものではなかったのか?
 もし、そうならば「借りてきた猫のようにおとなしい」という表現には、「この役立たずめ!」というニュアンスが含まれていてしかるべきであるが、そういう意味合いで使われることはあまりないように思う。
 なるほど、こういう意味だったのか、と納得するには、もはや何処からか実際に猫を借りてくるしかあるまい。
・・・まず猫アレルギーを治さねば。

未分類 | 01:42:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。