スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
社会正義ィ?
阪急電鉄には「携帯電話オフ車両」というのがあって、僕はこれをよく利用する。通常の車両よりも空いていることが多いからだ。ところがこの車両においても平気で携帯やスマートフォンを操作し、あまつさえ通話するやつも稀にいる。非常に不愉快である。よほど注意してやろうかとも思うが、どう声を掛けるべきか逡巡するうちにいつも目的地に着いてしまう。

 ところでなぜ不愉快になるのだろう。僕は阪急電鉄の関係者ではない。ペースメーカーを使っているわけでもない。彼らが携帯で話そうがメールをしようが、特にそれで迷惑を被るわけではない。もしも注意したとして「オッサン、関係ないやろ」と返されれば、実にその通りで何の関係もない。にも関わらずハラは立つ。せめてオニーサンと呼んでくれ。いや、そーゆーことではなくて。

 少し話が変わるが、携帯オフ車両を設けるなら、逆に「通話おっけー車両」も是非導入してほしいと常々思っている。仕事によっては所構わず電話を取らねばならない人もいるだろうからだ(そういえば以前、公衆トイレに入ったら、背後の個室から『・・・了解しました』という声が聞こえた。なにもウ○コしながら仕事せんでも)。そのかわりオフ車両の方ではもっと厳しく取り締まる、と。多少は毅然とした所があってもいい。

 つまりこれは、阪急電鉄が決めたルールがあるのに、それに背いている者が腹立たしいということだろう。しかし、こちらの気分が平和なときは少々のことでハラは立たない。勝手なものだ。ハラが立つときには「社会正義」なんて便利な言葉を引っ張り出してみたりもするが、根っこの部分ではそんな立派なものではない。僕はおそらく、怒らねばならないから怒るのではなく、ただの気分で自分が怒りたいから怒るのだ。そしてそういう自分に気づいたとき、非常にイヤな気分になる。

 駅前に不法駐輪が絶えない。駐輪場が近くにあるにも拘わらず多くの人がテキトーに置いて行く。歩きにくく迷惑である。急いでいるときには「ええい、なぎ倒してくれようか」と思うこともある。……と思っていたら、本当になぎ倒して歩くオッチャンを見た。まるで大魔神である。ガシャコンガシャコンと、行く手を阻む迷惑自転車を踏みつぶしながら歩いてゆく。僕には彼の考えが手に取るようにわかる。
「そんなもん、こんなとこに停めとる方が悪いんやろ!な!?そやろ?ワシ、何か間違うてるか!?」

 ……不法駐輪は確かに「悪」だが、「だから倒して歩く」のは正しくもなんともない。見苦しいという点では不法駐輪とどっこいどっこいである。彼もまた、怒るべきだから怒っているのではない。ただ怒りたくて怒っているに過ぎない。

 そして彼は僕自身の鏡である。僕だっていつこのオッチャン大魔神化するかわからない。いや、実際になぎ倒して歩かないだけで、内面には同じものがあるに違いない。恐ろしいことである。
 
 人は必要だから怒るのではなく、ただ怒りたくて怒る。
 イライラも募りやすい夏、できるだけ心穏やかに過ごしたいものだ。

 
(尚、阪急電鉄の「携帯電話オフ車両」は、イタチごっこに嫌気が差したのか、つい先日廃止になってしまった。ペースメーカーに悪影響が云々ってのはどーなったのだ、ありゃあただの建て前だったのか?ペースメーカーの使用者は切り捨てられたのか?……などと思っていたら、それぞれの機器の性能が上がったことで、以前とは電磁波に関する基準値が変わってきたそうな。もはやスマホごときの電磁波で影響を受けはしないらしい。ふむ、それならよかったけどね。)



スポンサーサイト
未分類 | 20:52:39

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。